子宮頸がんのワクチン

子宮頸がんと子宮体がんの違いは?
子宮頸がんは子宮頸部と呼ばれる子宮の入り口に生じるがんで、子宮体がんは子宮体部と呼ばれる胎児が育つ場所に生じるがんです。子宮頸がんと子宮体がんは全く異なるがんです。発生する場所が異なるだけでなく、原因やなりやすい年代も異なります。子宮頸がんの発症にはHPVが関与していますが、子宮体がんはHPVとは無関係です。
HPVとは?
ヒト・パピローマウイルス(human papilloma virus)のことでヒト乳頭腫ウイルスとも呼ばれています。HPVには100以上の型があり、そのうち高リスク型HPVと呼ばれる10数種類のタイプが子宮頸がんの原因になると考えられています。また、これとは別に低リスク型HPV呼ばれるタイプがあり、尖圭コンジローマと呼ばれる生殖器にできるいぼの原因で、子宮頸がんは起こしません。
HPVは誰でも感染しますか?
HPVは性行為により感染しますが、感染は決して特別なことではなく性交経験があれば誰にでも感染の可能性があります。性交経験者の50~80%は少なくとも一度はHPVに感染していると考えられています。
HPVは男性にも感染しますか?
HPVは性交渉で感染しますので、女性から男性、男性から女性へと感染します。しかし、男性の感染の詳しいことはまだわかっていません。
コンドームを使用していればHPVに感染することはありませんか?
HPVはコンドームで被いきれない部分の皮膚の接触によっても感染するため完全な防御とはなりません。しかし、コンドームの使用は感染の危険性を少なくすることは出来ます。
高リスク型HPVに感染すると必ず子宮頸がんになるのでしょうか?
高リスクHPVに感染してもそれだけでは子宮頸がんになるリスクはほとんどありません。大部分の高リスクHPV感染は一時的で、免疫力により自然消失しますので、子宮頸がんにはなりません。しかし、5〜10%前後の感染ではHPVが消失せずに持続感染することがあります。この場合は平均で10年以上の前がん病変の期間を経て子宮頸がんになる可能性があります。
どうすれば子宮頸がんを防げますか?
子宮頸がん検診を受けてください。子宮頸がん検診で細胞診と共にHPV検査(30才以上推奨)を受けることにより、ほぼ確実に防ぐことが出来ます
HPV感染なしには子宮頸がんにはなりません。HPV陰性ならば子宮頸がんの危険性はほとんど無く、細胞診も正常であれば次回の検診は3年後でも良いでしょう。HPV陽性であった場合はウイルスが排除されるまで定期的に検査を受けてください。そうすれば万が一、がんへ進行する場合でもがんになる前に、異形成(細胞が変化した状態)の段階で発見、治療することが出来ます。
細胞診とHPV検査の両方を受ける必要がありますか?
両方を受診することをお奨めします。 細胞診では、検査者の技術が未熟であったり、採取が正しく行われていなかったりした場合に細胞の異常(がん及び前がん病変)を発見できないことがあります(約30%)
一方、HPV検査は原因ウイルスの存在を調べる検査なので異形成の有無の予測にも優れています。細胞診とHPV検査を併用することで、診断の精度をほぼ100%にまで上げることができ、また将来がんになるリスクの有無もわかります。
なぜHPV検査は30歳以上の女性が対象なのでしょうか?
子宮頸がんの原因はHPVの持続感染です。30歳未満では感染者は多いのですがほとんどが一過性(一時的)で自然に消失します。そのため検診としては適当ではありません。一方、30歳以上では新たな感染を検出する割合に比べ、以前からの持続感染を検出する割合が多くなりますので検診に有効なのです。
検診の結果、細胞診・HPV検査とも陰性でした。今後、子宮頸がんになる心配はないのでしょうか?
当面(3~5年間)は子宮頸がんになる心配はありませんが、定期的(3年毎など)に検診を継続する必要があります。HPVは検査で発見できない状態で潜伏感染することがあるため、HPV陰性であっても将来的に陽性化することもあります。従って、少なくとも3年間は検診を受ける必要はありませんが、定期的な検診は必要です。
以前の検査の結果、HPV陰性でした。その後パートナーが変わっていませんがHPV検査を受けるべきですか?
30歳以上であれば受けるべきです。HPVは感染から数年間潜伏状態にあることがあり、感染後、数ヶ月から数年間検出できないことがあります。つまりHPV感染が現在の性交渉によるものだけとは限らないからです。
検査でHPV感染と判定されました。どうすればよいでしょうか?また、どのような治療をするのでしょうか?
HPV感染は病気ではありませんので、治療は行いません。HPVはごくありふれたウイルスで感染してもほとんどは免疫力により自然消失します。 ただし、持続感染した場合には子宮頸がんの前がん病変を引き起こすことがありますので、感染が判明した場合、ウイルスが消失するまで定期的(6~12ヵ月後毎)に検査を受け、HPV持続感染の有無を確認することをお奨めします。感染が持続している間は細胞診が正常であっても、定期的に検診を受けるか、一度コルポ診による精密検査で異常がないか確認することをお奨めします。

入会/寄付案内 Admission / donation guidance

子宮頸がん予防・啓発グッズ Goods

予防の大切さを伝える講師派遣 Lecturer dispatch

お問い合わせ Inquiry

サロン・福祉・医療業界でお仕事したい!主婦・社会人のあなたへ JRECリフレクソロジースクール

主催・共催プロジェクト

みんな子宮から生まれてきた LOVE49♥

子宮を大切に想い、子宮頸がんの予防を伝えるプロジェクト

乳がん・子宮頸がん検診促進議員連盟応援団

超党派国会議員連盟の応援団