団体理念

全ての国民が、子宮頸がん予防についての知識を持ち、その為に何をすればいいのかを知っている、日本を目指します。

3つの活動方針

  • 1. 検診受診率の向上、特に20~30代の子宮頸がん検診率70%以上を目指します。
    未受診者に対してコール・リコール(再受診勧奨)を行うよう求め「受診者数」を増やします。
  • 2. 子宮頸がん検診の効率化・適正化を時代に合わせて求めます。
    子宮頸がん予防検診を提唱しHPV・DNA検査完全導入に向けて働きかけをし、LBC(液状化検体細胞診)も含め、検診の「質」を高める事を求めます。
  • 3. 女性の立場に立った子宮頸がん対策を世の中に働きかけます。
    特にいつでもどこでも女性が抵抗なく検診に行けるようハード・ソフトを「整えていく」体制を提案し、様々な立場の方々と手を取りながら子宮頸がんを予防する社会を作ります。

オレンジクローバーって?

オレンジクローバーとは認定NPO法人子宮頸がんを考える市民の会のシンボルマークです。

history

2004年冬
若者に増え続ける子宮頸がんの問題を解決するにあたり、この問題を社会に伝えるために発足

医療現場でその問題に直面している医療従事者の切実な声・・・

「子宮頸がんは検診とワクチンによって予防できる唯一のがんという現実を知って、
自分のこととして行動してもらいたい」

若い女性を中心にこの声を届けるため日々予防・啓発活動をおこなっています。

2005年3月
NPO法人格取得
2006年
毎年4月9日を「子宮頸がんを予防する日、子宮の日」として制定
2009年
4月9日を日本記念日協会に「子宮頸がんを予防する日」として認定。
同年「LOVE49 プロジェクト」として街頭啓発活動を全国の細胞検査士と共にスタート。テレビ・新聞・雑誌など多くのメディアにこのユニークな活動が取り上げられている。
2010年
行政担当者・議員を対象にした、検診率向上を目指す勉強会を全国で開催。
「日本子宮頸がん予防・啓発連絡会議」を年数回のペースで開催。全国の子宮頸がん予防のネットワークと最新情報の共有の機会としている。
「人に話したくなる子宮の話(子宮頸がん予防講座)」を全国の自治体・教育現場・企業・各種イベント等で多数開催。
2012年
「全国主要都市子宮頸がん予防対策実態調査(子宮頸がん予防白書)」を専門家と共に調査・発表。各自治体間で差がある予防対策の底上げを狙う。
2013年
「企業における乳がん・子宮頸がん検診実態調査」をを専門家と共に調査・発表。企業検診における検診状況の実態を解明し、問題点を明らかにした。
2014年10月
認定NPO法人として、東京都より承認される。
2015年3月
超党派国会議員連盟「乳がん・子宮頸がん検診促進議員連盟
http://www.facebook.com/bc.cancerparty)の応援団として事務局を務める。

NPO法人 子宮頸がんを考える市民の会 理事名簿

理事長 渡部 享宏 認定NPO法人子宮頸がんを考える市民の会事務局長
副理事長 江夏 亜希子 四季レディースクリニック院長
理事 笹川 寿之 金沢医科大学産科婦人科学教授
理事 石 和久 学校法人田島学園 東京医学技術専門学校校長
理事 中田 真木 三井記念病院 産婦人科 骨盤底婦人科
理事 田渕 未里 アジレント・テクノロジー株式会社 国際細胞検査士

団体・キャンペーンに関するお問い合わせ

認定NPO法人 子宮頸がんを考える市民の会

〒170-0005
東京都豊島区南大塚3-36-7 南大塚T&Tビル6F
JR大塚駅から徒歩3分
TEL:03-6672-6926
お問い合わせはこちらから

当会では活動の趣旨に賛同いただき、
入会していただける正会員、賛助会員を随時募集しています。
入会案内はこちらから

入会/寄付案内 Admission / donation guidance

子宮頸がん予防・啓発グッズ Goods

予防の大切さを伝える講師派遣 Lecturer dispatch

お問い合わせ Inquiry

サロン・福祉・医療業界でお仕事したい!主婦・社会人のあなたへ JRECリフレクソロジースクール

主催・共催プロジェクト

みんな子宮から生まれてきた LOVE49♥

子宮を大切に想い、子宮頸がんの予防を伝えるプロジェクト

乳がん・子宮頸がん検診促進議員連盟応援団

超党派国会議員連盟の応援団

みんなの疑問に答える「子宮頸がん」情報サイト、『子宮頸がん.jp』

みんなの疑問に答える子宮頸がん情報サイト